【8/6・東京】からだのシューレ●一億総やせたい社会を見つめる文化人類学ワークショップ

『なぜふつうに食べられないのか~拒食と過食の文化人類学~』著者で文化人類学者の磯野真穂先生と共に、文化人類学の視点から「一億総やせたい社会」を見つめるワークショップ「からだのシューレ」vol.3を開催します。

参加者のみなさんとディスカッションをしながら、やせたい気持ちとやせを礼賛する社会の仕組みを見つめる約2時間。「精神論ではなく、やせたい願望について客観的に学べたのがよかった」「他の人の意見を聞いて自分なりの気づきを得ることができた」「文化人類学っておもしろい!」といった嬉しい感想が寄せられています。

第3回目のテーマは「ダイエットとけがれ」。30分拡大版の夏休み特別バージョンです。初めての方でも楽しくご参加いただけます。みなさんとお会いできることを楽しみにしています。

★開催によせて:磯野真穂さんからのメッセージ http://anthromap.blogspot.jp/2016/03/blog-post.html
★第1回目の報告(2016年3月30日開催) http://anthromap.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html
★第2回目の報告(2016年6月2日開催)   http://anthromap.blogspot.jp/2016/06/blog-post.html

○開催日時
2016年8月6日(土)18:30〜20:50(18:15受付開始)

○会場
東京ウィメンズプラザ(2階・第二会議室B)東京都渋谷区神宮前5-53-67
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/

○司会進行
磯野真穂(文化人類学者/国際医療福祉大学大学院講師)
【所属】国際医療福祉大学大学院 http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/
【HP】http://www.anthropology.sakura.ne.jp/
『なぜふつうに食べられないのか~拒食と過食の文化人類学~』春秋社 http://amzn.to/1KYRJqJ
※立命館大学生存学研究センター生存学奨励賞受賞

林利香(EAT119 摂食障害の予防と啓発/企画・編集・執筆)
【HP】http://www.eat119.com

○対象
女性限定(性自認が女性の方も含みます)
体重や体型にとらわれることがあると感じる方
やせたい気持ちと現代社会との関係について関心がある方

○参加費
1000円(当日お支払いただきます・恐れ入りますがつり銭のないようにご用意ください)

○注意事項
1.本ワークショップは文化人類学という学問の視点から身体との関係性を探るのが目的です。痩身や摂食障害の治療を目的とする心理療法やセルフヘルプグループとは異なりますのであらかじめご注意ください。
2.お申し込み後、やむを得ずキャンセルを希望される場合は、メールにて(info@eat119.com)にあらかじめご連絡ください。
3.第1回目、第2回目のワークショップに出席されていない方でも問題なく参加いただけます。
4.事前にご連絡なく欠席(無断キャンセル)、あるいは当日連絡のご欠席が続いた場合、次回以降、他の方に優先してお席を回させていただくことがございます。ご協力をよろしくお願い申し上げます。

★詳細とお申し込み(先着順)※申し込みを締め切りました
http://kokucheese.com/event/index/403683/

【6/2・東京】からだのシューレ●一億総やせたい社会を見つめる文化人類学ワークショップ vol.2

『なぜふつうに食べられないのか~拒食と過食の文化人類学~』著者で文化人類学者の磯野真穂さんと共に、文化人類学の視点から「一億総やせたい社会」を見つめるワークショップ「からだのシューレ」vol.2を開催します。

参加者の皆さんとディスカッションをしながら、やせたい気持ちとやせを礼賛する社会の仕組みを見つめる約2時間。第1回目(2016年3月30日開催)のワークショップに参加いただいた皆さんからは「身体に対して新しい視点をもてた」「他の方の考えや気持ちをきくことができて楽しかった。自分がどんな影響を受けて生きているのかを改めて考えさせられた」「普段段恥ずかしくてとても言えないような悩みを皆さんが持っていることがわかり、それを共感だけでなく学問的に知ることができた」といった嬉しい感想をいただきました。

第1回目のワークショップに参加できなかった方・今回が初めての方でもまったく問題ありません。ぜひお気軽にご参加ください。

「からだのシューレ 一億総やせたい社会を見つめる文化人類学ワークショップ vol.2」

日本では若年女性のやせすぎが10年以上前から問題視される一方、BMI 18.5以下のやせすぎ女性がメディアにはあふれています。「あなたの身体はもっとよくなる」「あなたはもっときれいになれる」というメッセージを浴びせ続ける現代社会。若い女性たちは自分のそのままの身体を受け入れることが難しい社会の中で生きています。やせることと幸せはどうしてこうも結びつくのでしょうか?

文化人類学の視点から、やせたい気持ちとやせを礼賛する社会の仕組みを見つめるワークショップ。第2回目は「数値と身体」の関係を取り上げ、自分の身体を数値で見はじめるとどのようなことが起こるのかを考えます。あなたはいつから自分の身体と数字を結びつけるようになりましたか? そのときあなたの感覚、そして日常はどのように変化したのでしょう? 気づきやすいようで気づきにくい、数値と身体の深い関係を掘り下げます。

※シューレとは……ドイツ語で「学校」、古代ギリシャ語で「精神を自由に使う」の意です。

★開催によせて:磯野真穂さんからのメッセージ
http://anthromap.blogspot.jp/2016/03/blog-post.html

★第1回目の報告(2016年3月30日 東京ウィメンズプラザにて開催)
http://anthromap.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

○開催日時
2016年6月2日(木)19:00〜20:50(18:45受付開始)★終了しました

○会場
東京ウィメンズプラザ(2階・第二会議室B)
東京都渋谷区神宮前5-53-67
JR・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線 渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅 B2出口から徒歩7分
都バス(渋88系統) 渋谷駅から2つ目(4分)青山学院前バス停から徒歩2分
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/

○司会進行
磯野真穂(文化人類学者/国際医療福祉大学大学院 講師)
【所属】国際医療福祉大学大学院 http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/
【HP】http://www.anthropology.sakura.ne.jp/
『なぜふつうに食べられないのか~拒食と過食の文化人類学~』
春秋社 http://amzn.to/1KYRJqJ
※立命館大学生存学研究センター生存学奨励賞受賞

林利香(EAT119 摂食障害の予防と啓発/企画・編集・執筆)
【HP】http://www.eat119.com

○対象
女性限定(性自認が女性の方も含みます)
体重や体型にとらわれることがあると感じる方
やせたい気持ちと現代社会との関係について関心がある方

○参加費
1000円
(当日お支払いただきます・恐れ入りますが、つり銭のないようにご用意ください)

○注意事項
1.本ワークショップは文化人類学という学問の視点から身体との関係性を探るのが目的です。痩身や摂食障害の治療を目的とする心理療法やセルフヘルプグループとは異なりますのであらかじめご注意ください。
2.お申し込み後、やむを得ずキャンセルを希望される場合は、
メールにて林宛(info@eat119.com)にあらかじめご連絡ください。
3.第1回目のワークショップに出席されていない方でも、問題なく参加いただけます。

★お申し込み
(イベント告知サイト「こくちーず」の参加お申し込みページよりお申し込みいただけます。先着順)
http://kokucheese.com/event/index/391419/