【ご本人・看護師の皆さまへ】摂食障害治療に関するアンケートにご協力ください

日本にも摂食障害専門病院の設立を目指して活動している「摂食障害ホープジャパン(代表 安田真佐枝/日本米国正看護師)」は、摂食障害でお困りのご本人、ご家族、医療関係者や援助者の皆さまのお力になれるよう努めています。その一環として、日本の摂食障害治療を取り巻く実態調査を始めました。皆さまが直面されている困難や課題など、リアルな声をお届けていただくことが、日本の摂食障害治療とサポート環境の向上につながります。ぜひご理解とご協力をお願いいたします。

オンラインアンケート(設問は10項目。5〜10分程度で終わります)
下記のリンクをクリックしてください。回答期限は2014年12月31日(水)24:00までです。
◉ご本人はコチラからご回答ください。https://jp.surveymonkey.com/s/JFGB3MG
◉看護師さんはコチラからご回答ください。https://jp.surveymonkey.com/s/7BLGNM6

◉摂食障害ホープジャパンについて詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
http://www.buildingedcenter.jp/project/blog2/

「日本にも摂食障害専門病院を開設しようプロジェクト」無料掲示板 開設のお知らせ

摂食障害は早期発見・治療が回復の近道と言われていますが、日本では専門治療施設が少なく、摂食障害でお困りのご本人やご家族はどうしていいのかわからない、医療従事者は「保険制度や医療制度の問題や病気への理解が進まないために、患者さんを充分サポートしきれない」という苦悩が続いています。

そこで、日本における摂食障害専門施設の在り方を模索するために無料掲示板を設置しました。アメリカから摂食障害治療の最新情報をお届けしながら、ご本人やご家族、医療従事者が協力し、意見を出し合いながら交流し、現状の問題点や改善方法を協議していきたいと思います。掲示板は本名ではなく、ハンドルネームで投稿できます。

摂食障害の治療環境がより良くなるよう、皆さまからの活発なご意見をお待ちしております。

◉会員制『無料掲示板』 http://www.buildingedcenter.jp/project/by2020/

◉ご質問はコチラへ。摂食障害ホープジャパン 広報 林 利香 info@eat119.com

「日本にも摂食障害専門病院を開設しようプロジェクト」メールマガジン発行のお知らせ

アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)メディカルセンター UCLA Resnick Neuropsychiatric Hospital 摂食障害思春期専門病棟 看護師の安田真佐枝さんが代表を務める「摂食障害ホープジャパン」のメールマガジン 第1号を発行しました。林は同プロジェクトの広報を担当しております。

メールマガジン 第1号は、コチラからご覧いただけます。

メルマガ配信ご希望の方は、安田代表のホームページよりお申し込みください。

摂食障害で苦しむご本人、ご家族を、医療者が暖かく支えられる環境づくり目指してがんばっていきますので、みなさまからの応援をお願いいたします。