摂食障害「iaedpシンポジウム2015」開催

来る3月19日〜22日、アリゾナ州フェニックスにおいて、iaedp(The International Association of Eating Disorders Professionals http://www.iaedp.com)のシンポジウム『iaedp Symposium 2015』が開催されます。摂食障害に関わる医師、心理士、栄養士、看護師が一同に集まり、実践的な治療に関する情報交換が行なわれる年1回のシンポジウムです。

この団体は、アメリカで唯一、摂食障害専門医師、心理士、栄養士、看護師としての認定を行なっています。シンポジウム開催前には、認定を受けるために必要な単位を取れるよう、講習も行なわれます。

今回の基調講演は、「家族全体を治療対象として」と「ポジティブサイコセラピー」という内容で行なわれます。

プレカンファレンスでは、「患者さんを交えて、食べるという体験がどのような体験なのかを探る」と「重症例への内科的身体管理」というテーマで講演が行なわれます。

詳しくはコチラをご覧ください。http://www.edrecoveryjapan.com/post-438/

摂食障害ご本人へのアンケートからコメントを抜粋しました

日本にも摂食障害専門病院の設立を目指して活動している「摂食障害ホープジャパン(代表 安田真佐枝/日本米国正看護師)」は、摂食障害に苦しむご本人にオンライン上アンケートを行い、122名からのご回答をいただきました。ご協力くださった方、リンクを共有してくださった方、その他、お力添えいただいた方、どうもありがとうございました。

「摂食障害ホープジャパン」のコメントとアンケート結果の一部はリンクからご覧ください。http://www.edrecoveryjapan.com/post-434/