【3/30・東京】からだのシューレ●一億総やせたい社会を見つめる文化人類学ワークショップ

2016年3月30日(水)、『なぜふつうに食べられないのか~拒食と過食の文化人類学~』著者で文化人類学者の磯野真穂さんと共に、文化人類学の視点から「一億総やせたい社会」を見つめるワークショップを開催します。参加者の皆さんとディスカッションをしながら、やせたい気持ちとやせを礼賛する社会の仕組みを見つめる約2時間。視界がパッと開けて、自由になれるワークショップです。ぜひご参加ください。

「からだのシューレ 一億総やせたい社会を見つめる文化人類学ワークショップ」

日本では若年女性のやせすぎが10年以上前から問題視される一方、BMI 18.5以下のやせすぎ女性がメディアにはあふれています。「あなたの身体はもっとよくなる」「あなたはもっときれいになれる」というメッセージを浴びせ続ける現代社会。若い女性たちは自分のそのままの身体を受け入れることが難しい社会の中で生きています。やせることと幸せはどうしてこうも結びつくのでしょうか?文化人類学の視点からやせたい気持ちとやせを礼賛する社会の仕組みを見つめます。あなたのやせたい気持ちが少しでもラクになりますように。
※シューレとは……ドイツ語で「学校」、古代ギリシャ語で「精神を自由に使う」の意です。

★開催にあたり、磯野真穂さんからメッセージが届きました。ぜひご覧ください。http://anthromap.blogspot.jp/2016/03/blog-post.html

○開催日時
2016年3月30日(水)19:00〜20:50(18:45受付開始)★終了しました

○会場
東京ウィメンズプラザ(2階・第二会議室A)
東京都渋谷区神宮前5-53-67
JR・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線 渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅 B2出口から徒歩7分
都バス(渋88系統) 渋谷駅から2つ目(4分)青山学院前バス停から徒歩2分
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/

○司会進行
磯野真穂(文化人類学者/国際医療福祉大学大学院講師)

【所属】国際医療福祉大学大学院 http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/
【HP】http://www.anthropology.sakura.ne.jp/
『なぜふつうに食べられないのか~拒食と過食の文化人類学~』春秋社 http://amzn.to/1KYRJqJ
※立命館大学生存学研究センター生存学奨励賞受賞

林利香(EAT119 摂食障害の予防と啓発/企画・編集・執筆)
【HP】http://www.eat119.com

○対象
体重や体型にとらわれることがあると感じる方
やせたい気持ちと現代社会との関係について関心がある方

○参加費
1000円
(当日お支払いただきます・恐れ入りますが、つり銭のないようにご用意ください)

○注意事項
本ワークショップは文化人類学という学問の視点から身体との関係性を探るのが目的です。痩身や摂食障害の治療を目的とする心理療法やセルフヘルプグループとは異なりますのであらかじめご注意ください。

 

【4/9 甲府】マーサウの会(摂食障害家族の会)17周年記念懇談会のお知らせ

山梨県甲府市の住吉病院で1999年から続く摂食障害家族の会「マーサウの会」が、2016年4月9日(土)に17周年記念懇談会を開催します。主催の精神科医・大河原昌夫先生と第2回UCLA摂食障害スタディツアーでご一緒したご縁で、今回の懇談会に林もお招きいただきました。家族、当事者、摂食障害に関心を持たれる方はどなたでも参加出来ます。みなさんとお会いできることを楽しみにしております。

以下、大河原先生よりご案内です。

《マーサウの会(摂食障害家族の会/住吉病院・甲府市)17周年記念懇談会のお知らせ》

1999年6月、甲府・住吉病院の一室で始まった、摂食障害の家族が集う会「マーサウの会」は幾つもの波を越え、語り合いを続け、この6月で17周年を迎えることになりました。昨年1月の15周年から、1年跳んでしまいますが、早めの記念懇談会を開きます。
摂食障害は辛い病気かも知れません。しかし、その中で沢山の家族に出会い、数え切れないほどの悩みと笑顔に包まれ、実に幸いでした。私たちの活動は全国的にも珍しいと自負しますが、17年間、休まずに続けて来られたのは、参加者の熱意によるものです。心よりお礼申し上げます。

いつもは家族だけが集まりますが、年に一回の「記念懇談会」は本人も家族も交えてのお喋り会です。

今年は「摂食障害ー私の苦しかったとき」と題し、3人の方をお招きし、ゆっくり語っていただきます。お一人は「摂食障害ホープジャパン」の広報担当で活躍中の方です。素晴らしいお話しが聴けるでしょう。

家族、当事者、摂食障害に関心を持たれる方はどなたでも参加出来ます。是非多くの方々のご参加をお待ちします。(本人のプライヴァシー保護のため、マスメディアによる取材はご遠慮いただいています)

日時:2016年4月9日(土)午後1時~4時半まで(土曜日です)懇親会(サンドイッチパーティー)5時~7時
場所:住吉病院・アルコールセンター2階会議室(いつもの場所です)
山梨県甲府市住吉4-10-32 代表TEL 055-235-1521
http://www.sumiyoshi-kaisei.jp/s-sessyoku.html
会費:1000円。懇親会も出席の方はプラス500円です。ぜひ、こちらにもご参加を。
内容:大河原昌夫「摂食障害への様々なアプローチ。米国で見たもの」
当事者3人のお話。「摂食障害ー私の苦しかったとき」
「摂食障害ホープジャパン」広報:林利香さん。ほか、お二人。

★参加される方はできる限り事前の予約をお願いします。
★お問い合わせなど
TEL055-235-1521 住吉病院・臨床心理室、または医局(大河原)
(山梨県甲府市住吉4-10-32 住吉病院)
★メールでの受付もします。shinri-shitu@sumiyoshi-kaisei.jp
※定例マーサウの会は2016年4月5日はお休みします。あとはいつも通りです。

「摂食障害情報ポータルサイト」運営に関するアンケートご協力のお願い

本記事をご覧になってくださる皆様へ

このたびはアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。
私は林利香と申します。かつて摂食障害を患っていた経験を持ち、現在は摂食障害の啓発と予防に関わる活動を行っています。
今回、皆様に伏してお願い申し上げたいことがあり、この文章をしたためております。

このたび、平成26年度精神保健等国庫補助金「摂食障害治療支援センター設置運営事業」における普及啓発事業の一環で、摂食障害全国基幹センターおよび摂食障害情報ウェブサイト検討委員会が運営する「摂食障害情報ポータルサイト」より、アンケートの案内が届きました。

サイトの運営に関する調査で、アンケートは下記リンク先のトップページ>左下にあります。
(一般向け)http://edportal.jp/index.html
(専門職向け)http://edportal.jp/pro/
9つの質問に回答するシンプルな内容で、締切は2016年2月29日(月)です。
※摂食障害治療支援センター事業については厚生労働省の実施要項(http://bit.ly/1Q7Y31m)をご覧ください。なお、本ページの摂食障害情報ポータルサイトへのリンクは運営先より許可をいただいております(参照:リンクについて http://www.edportal.jp/site.html

このアンケートにぜひご協力いただき、摂食障害情報ポータルサイトでどのような情報提供をして欲しいか、みなさまの切実な声を届けていただきたいのです。

今回のお願いは私の一方的な想いによるもので、私自身は摂食障害情報ポータルサイトの運営に一切関与しておりません。
しかし、私が伏して皆様にお願いするのには理由があります。
自分が摂食障害ではないかと疑い始めた20年以上前、私はインターネットで摂食障害に関する情報を検索しました。
そこで見つけた治療者を標榜するサイトの運営者に藁をもすがる想いで泣きながら連絡を取り、あやうく危険な目に遭いそうになった経験があるからです。

そのサイトは現在閉鎖されていますが、今もネット上には摂食障害に関する玉石混交の情報があふれています。
今、自分が症状を抱えている状態だったら、どの情報を信じていいのか、どこに頼ったらいいのか、自分で判断できる自信は1ミリもありません。

今回、アンケートの協力要請が届いた「摂食障害情報ポータルサイト」は、厚生労働省が推進する「摂食障害治療支援センター事業」の一環で、私たちの大切な税金で運営されている公共事業です。
多くの人が頼りにするであろうサイトだからこそ、今、摂食障害で悩んでいるご本人やご家族、支援者や治療者に役に立つ情報が得られるサイトであって欲しいと願うのです。

公共事業ゆえの限界があるのは承知の上、皆さんの切実な要望を届けることによって、私たちにとって有益な情報提供をしてもらえるように働きかけることはできないでしょうか。「摂食障害情報ポータルサイト」を、私たちの手でより良いサイトに育てることはできないでしょうか。

現在、摂食障害でお困りの方がご覧になって、どんな情報が載っていたら役立つか。
自分の大切なお子さんや家族や友人や恋人が摂食障害で悩んでいると知ったとき、どんな情報が載っていたら役立つか。

そんな視点から、摂食障害をご存じでない方も、今、苦しんでいらっしゃる方も、摂食障害をわずらう大切な人を助けたい方も支えたい方も力になりたい方も、ぜひアンケートにご協力いただけると嬉しく存じます。今回は医療サービスの情報提供に携わる民間企業の皆様にもご案内しておりますので、アンケートを通じて専門家としてのご意見もお届けいただければ心強く思います。

耳を傾けてくれる人に私たちの声を届ける。今がそのチャンスだと感じています。
異論をお持ちの方がいらっしゃることも充分承知しておりますので、本件についてのご意見やお問い合わせは林までメール(info@eat119.com)にてご連絡ください。

不躾なお願いをどうかお許しください。ご理解とご協力をいただけますよう謹んでお願い申し上げます。