6月2日は『世界摂食障害の日』です&アンケートご協力のお願い

摂食障害で苦しむ方やその家族、専門家や研究者、サポーターらが国境を越えて団結。

摂食障害の啓発と支援活動を2016年6月2日に世界中で同時に行う「世界摂食障害の日ーWorld ED Action Dayー」が開催されます。

世界で初の取り組みとなる「世界摂食障害アクションデー2016」は、アメリカの摂食障害協会 AED(Academy for Eating Disorders)と全米の摂食障害患者支援団体13団体が昨年5月に発表した「摂食障害に関する9つの真実」に続く活動で、摂食障害について一人でも多くの方に知っていただくことを目標に掲げ、ソーシャルメディアを活用して行動を起こす草の根運動です。

摂食障害は命に関わる疾患で、性別や年齢、人種や国籍、体型や個性、社会経済的背景を問わず、全世界で7000万もの人々に影響を及ぼしています。しかし、国際的にみても疾患への理解や治療支援が行き届いているとは決していえません。

本活動では「摂食障害は完全に回復し得る病であること」「摂食障害の早期受診と適切な治療を受けることの重要性」を訴え、全世界で摂食障害に対する意識を高めることを目指します。

【世界摂食障害の日ーWorld ED Action Dayー 公式HP】
http://www.worldeatingdisordersday.org/

【世界摂食障害の日ーWorld ED Action Dayー 参加方法】
2016年6月2日、摂食障害に関わる世界中の人々がインターネットや地域活動を通じて同時に発言や行動、情報提供します。摂食障害に関心のある方ならどなたでも参加できます。

1 Facebookで「World Eating Disorders Day」コミュニティに「いいね」ボタンを押す
https://www.facebook.com/WorldEatingDisorderDay/
2 Twitterをもしもお持ちなら、あるいはお持ちでなければ、活動名で作っていただき、
世界摂食障害アクションデー2016の公式ツイート「@World ED Day」をフォローする
3 Twitterでハッシュタグ「#WorldEDDay」「#WeDoAct」「#世界摂食障害の日」を
つけてツイートする

【アンケートのお願い】
摂食障害ホープジャパン 代表 安田真佐枝さんがアンケートを実施しています。
世界中で同様のアンケートが行われますので、
日本の実情を明らかにするためにぜひ以下のアンケートにご協力ください。
一人でも多くの方に拡散をお願いします。
「世界摂食障害の日ーWorldEDActionDayーへ向けて」
https://jp.surveymonkey.com/r/DKPSNXF

【参加団体一覧】
http://media.wix.com/ugd/2e41d5_ce332a5433444969b03415105e4cedf3.pdf

【摂食障害に関する9つの真実】
ノースカロライナ大学医学部教授 Cynthia Bulik博士(摂食障害専門)が、2014年に国立神経衛生研究所で講演した「摂食障害ー壊された9つの神話」を基に、全米の主要な支援団体(家族会や自助グループなど13団体)の意見を集めて完成させたものです。

摂食障害を理解する上で重要なことが、とてもわかりやすく提示されている文書です。ホームページで日本語訳(PDF版)を配布致しますので、ぜひご利用ください。http://www.edrecoveryjapan.com/post-606/(←リンク先からダウンロードできます)

摂食障害になりにくい社会、摂食障害になっても生きやすい社会、摂食障害をもつ人や家族が医療や支援につながりやすい社会にしたい。

そんな想いを共有する世界の仲間と共に行動を起こしてみませんか。日本だけではない、世界中の仲間が味方です。

【6/2・東京】からだのシューレ●一億総やせたい社会を見つめる文化人類学ワークショップ vol.2

『なぜふつうに食べられないのか~拒食と過食の文化人類学~』著者で文化人類学者の磯野真穂さんと共に、文化人類学の視点から「一億総やせたい社会」を見つめるワークショップ「からだのシューレ」vol.2を開催します。

参加者の皆さんとディスカッションをしながら、やせたい気持ちとやせを礼賛する社会の仕組みを見つめる約2時間。第1回目(2016年3月30日開催)のワークショップに参加いただいた皆さんからは「身体に対して新しい視点をもてた」「他の方の考えや気持ちをきくことができて楽しかった。自分がどんな影響を受けて生きているのかを改めて考えさせられた」「普段段恥ずかしくてとても言えないような悩みを皆さんが持っていることがわかり、それを共感だけでなく学問的に知ることができた」といった嬉しい感想をいただきました。

第1回目のワークショップに参加できなかった方・今回が初めての方でもまったく問題ありません。ぜひお気軽にご参加ください。

「からだのシューレ 一億総やせたい社会を見つめる文化人類学ワークショップ vol.2」

日本では若年女性のやせすぎが10年以上前から問題視される一方、BMI 18.5以下のやせすぎ女性がメディアにはあふれています。「あなたの身体はもっとよくなる」「あなたはもっときれいになれる」というメッセージを浴びせ続ける現代社会。若い女性たちは自分のそのままの身体を受け入れることが難しい社会の中で生きています。やせることと幸せはどうしてこうも結びつくのでしょうか?

文化人類学の視点から、やせたい気持ちとやせを礼賛する社会の仕組みを見つめるワークショップ。第2回目は「数値と身体」の関係を取り上げ、自分の身体を数値で見はじめるとどのようなことが起こるのかを考えます。あなたはいつから自分の身体と数字を結びつけるようになりましたか? そのときあなたの感覚、そして日常はどのように変化したのでしょう? 気づきやすいようで気づきにくい、数値と身体の深い関係を掘り下げます。

※シューレとは……ドイツ語で「学校」、古代ギリシャ語で「精神を自由に使う」の意です。

★開催によせて:磯野真穂さんからのメッセージ
http://anthromap.blogspot.jp/2016/03/blog-post.html

★第1回目の報告(2016年3月30日 東京ウィメンズプラザにて開催)
http://anthromap.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

○開催日時
2016年6月2日(木)19:00〜20:50(18:45受付開始)★終了しました

○会場
東京ウィメンズプラザ(2階・第二会議室B)
東京都渋谷区神宮前5-53-67
JR・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線 渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅 B2出口から徒歩7分
都バス(渋88系統) 渋谷駅から2つ目(4分)青山学院前バス停から徒歩2分
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/

○司会進行
磯野真穂(文化人類学者/国際医療福祉大学大学院 講師)
【所属】国際医療福祉大学大学院 http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/
【HP】http://www.anthropology.sakura.ne.jp/
『なぜふつうに食べられないのか~拒食と過食の文化人類学~』
春秋社 http://amzn.to/1KYRJqJ
※立命館大学生存学研究センター生存学奨励賞受賞

林利香(EAT119 摂食障害の予防と啓発/企画・編集・執筆)
【HP】http://www.eat119.com

○対象
女性限定(性自認が女性の方も含みます)
体重や体型にとらわれることがあると感じる方
やせたい気持ちと現代社会との関係について関心がある方

○参加費
1000円
(当日お支払いただきます・恐れ入りますが、つり銭のないようにご用意ください)

○注意事項
1.本ワークショップは文化人類学という学問の視点から身体との関係性を探るのが目的です。痩身や摂食障害の治療を目的とする心理療法やセルフヘルプグループとは異なりますのであらかじめご注意ください。
2.お申し込み後、やむを得ずキャンセルを希望される場合は、
メールにて林宛(info@eat119.com)にあらかじめご連絡ください。
3.第1回目のワークショップに出席されていない方でも、問題なく参加いただけます。

★お申し込み
(イベント告知サイト「こくちーず」の参加お申し込みページよりお申し込みいただけます。先着順)
http://kokucheese.com/event/index/391419/