【4/14 甲府】マーサウの会(摂食障害家族の会)19周年記念懇談会のお知らせ

山梨県甲府市の住吉病院で1999年から続く摂食障害家族の会「マーサウの会」が、2018年4月14日(土)に19周年記念懇談会を開催します。

以下、大河原先生よりご案内です。

1999年6月、甲府・住吉病院の片隅で始まった、摂食障害の家族が集う会「マーサウの会」は、19周年を迎えることになりました。これまで支えて下さった方々に感謝します。19年間は長いような、短いような不思議な感覚です。いつもは家族だけが集まりますが、年に一回の「記念懇談会」は本人も家族も交えてのお喋り会です。今年は「摂食障害ーここまでは来た私 パート2」と題し、3人の方をお招きし、ゆっくり語っていただきます。家族、当事者、摂食障害に関心を持たれる方はどなたでも参加出来ます。是非、多くの方々のご参加をお待ちします。(本人のプライヴァシー保護のため、マスメディアによる取材はご遠慮いただいています)

◉日時:2018年4月14日(土)午後1時〜4時半まで
◉懇親会(サンドイッチパーティー);5時〜7時
◉場所:住吉病院・アルコールセンター2階会議室(いつもの場所です)
◉会費:1000円 ※懇親会も出席の方はプラス500円。ぜひこちらにもご参加を
◉内容:当事者3人のお話「摂食障害ーここまでは来た私」
大河原昌夫「家族を想う」

★参加される方はできる限り事前の予約をお願いします。
★今年は往復葉書を復活。参加の有無と合わせて近況をお知らせ下さい。
★下記の電話、メールで受け付けます
TEL055-235-1521 住吉病院・臨床心理室、または医局(大河原)
(山梨県甲府市住吉4-10-32 住吉病院)
shinri-shitu@sumiyoshi-kaisei.jp

★定例マーサウの会は以下の日をお休みにさせていただきます。
2018年3月20日、4月17日、5月1日、6月19日

【10/7・京都】第6回 摂食障害 集まりの会 in 京都

全国の摂食障害の自助グループに関わる当事者や家族、援助職、関心のある方々が直接顔を合わせて交流をもつ機会として、2012年から年1回開催している「集まりの会」。摂食障害に関わる様々な立場の方が一緒に話し合うことで、お互いを身近に感じたり、新しい情報や視点が持てることを願って開催します。みなさま、ぜひご参加ください。

◉日時 
2017年10月7日(土)9:30~17:00

◉会場 
キャンパスプラザ京都
(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)
午前の部 2F ホール/午後の部 4F 第4講義室

≪プログラム≫
9:30〜10:00 開場・受付 (2F ホール)
10:00〜12:00 仲間の体験談(2F ホール)
13:00〜17:00 小グループでの分かち合い・全体分かち合い(4F 第4講義室)
★5つの小グループ(回復・成⻑とは/自助グループとは/グループ運営とネットワーク/摂食障害の伝え方・伝えられ方/家族・関係者のグループ)に分かれての話し合い。最後に全体で内容をシェアする予定です。参加申込書にご希望のグループをご記入ください。

◉参加費 
無料
*会場費捻出のため、会場内でカンパの呼びかけをさせていただきます

◉参加申し込み方法
参加ご希望の方は、本ページの最下部にリンクしている「参加申込書(6moushikomi.xlsx)」にご記入の上、info@eat119.com(林利香)までメールにてご連絡ください。
*人数把握のため10月1日(日)までにお申込みいただけると幸いです。
当日飛び入りでのご参加も大歓迎です。

◉企画団体(個人)*五十音順
あかりプロジェクト、京都 NABA、ともあしの会、NABA、名前のない花たちへ、林利⾹、三重ぱる、和歌山摂食障害の会つながり

◉お問合せ
林利香 info★eat119.com(★を@に変えてください)までお願いいたします

6tirasi

6moushikomi

【10/28・東京】エリック・スタイス博士 特別講演

摂食障害の予防研究を行うエリック・スタイス博士が初来日。摂食障害発症のリスク要因に関する最先端の知見やスタイス博士の研究チームが取り組んでいる予防的介入について講演を行います。

日時:2017年10月28日(土)10:00〜12:30
会場:テンプル大学ジャパンキャンパス麻布校舎1階学生ラウンジ
参加費:3,000円
定員:100名(先着順、要申し込み)

☆詳細とお申し込み:http://telljp.com/event/drstice/