Monte Nido創設者キャロリン・コスティンさんの著書『摂食障害から回復するための8つの秘訣』

Monte Nido創設者キャロリン・コスティンさんの著書『摂食障害から回復するための8つの秘訣』


アメリカのみならず、ヨーロッパ、オーストラリアで摂食障害専門中間施設 Monte Nidoを展開。摂食障害治療分野のリーダー的存在として活躍するセラピスト、キャロリン・コスティンさんの著書の日本語版がついに完成しました。

タイトルは『摂食障害から回復するための8つの秘訣 回復者としての個人的な体験と摂食障害治療専門家として学んだ効果的な方法』。星和書店さんより9月30日に発刊、現在一般書店とAmazon等で販売中です。(←クリックするとAmazonの販売ページに移動します)

キャロリンさんは15歳で摂食障害を発症し、当時、専門家もいない中で自力で回復した経験の持ち主です。その後、心理セラピストになり、自身の経験を公表して治療に役立てるというユニークな手法を用いて、これまでに多くの人を完全な回復へと導いてきました。

同じ病気を経験し、病状や回復の困難さを知っている彼女ならではの視点に基づき、回復に向かうために取り組みたい具体的な課題が数多く収録された一冊です。これがまさに、アメリカの治療施設で実際に行われている治療といっても過言ではないでしょう。

ご家族や医療者が、ご本人たちの葛藤を支えていくための指南書としても役立ちます。

3月に発売された『私はこうして摂食障害(拒食・過食)から回復した』に続き、「摂食障害は一生つき合う病気ではない。摂食障害から回復することはできる」という強い想いを伝えるために、摂食障害ホープジャパン代表・安田真佐枝が翻訳した作品です。

一人でも多くの方にお読みいただけることを願っています。